水中写真中心ですが、ダイビング以外も色々載せて行きます....


by ks_beluga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

尾瀬 鳩待峠~山の鼻

今回の尾瀬はバスツアーで鳩待までそのまま連れて行ってくれるバスだった為
マイクロバスです。交通規制のため尾瀬戸倉からは大型バスは入れません。
大型バスで来た人たちは、地元の路線バス(小型)に乗り換えです。

直行だから、眠れると思いきや・・・
何回もトイレ休憩でとまってくれるので、さすがに寝不足でした^0^;
高原ホテルで予約しておいた弁当をもらうために4:30に起こされ・・・
うとうとしたら、鳩待に到着。5:10に降ろされ・・・
ぼーっとした頭で、準備をしました。

鳩待の情報はhttp://www.page.sannet.ne.jp/katsu-imamura/oze.htmlここのHPで詳しく載ってます。(山小屋の写真撮るの忘れたので^0^;)
さて↓ここから歩き始めです。標高1591mから、ずーっと下りです。
e0056370_19563527.jpg
始め下りということはこの道戻ってくるんです。
夜行で到着する人達は馴れているのか装備も登山のかっこをしてます。
みなさん元気ですが、どうなることやら・・・
e0056370_1957278.jpg気温は10度、天気予報は曇りだったため、持ってきたフリースを着ました。
時間はたっぷりあったので、一気に下りず、花を見ながらのんびり歩いて行きました。
e0056370_19571721.jpg



これは、クマに出会ったときの為の心得が書いてあり、音を出してあらかじめクマが近くに来ないように鐘がぶら下がっています。
この先、色々な場所でこの看板を見ることになります。
e0056370_19574499.jpg

川上川の流れに沿って山道を下りてくると、所々に水芭蕉が咲いてます。
雪解け水が沢となって川上川に流れ込み、その沢の周りには小さな湿地がひろがり、
木の遊歩道の間にまで、可愛い花を咲かせているので、足が止まります。
e0056370_1958967.jpg

歩きながら水芭蕉が増えてきたなァ・・・って思ったら、橋を渡り
その先はすぐに「山の鼻」でした。
e0056370_19585198.jpg

(上記のHPに山の鼻ビジターセンターなどの写真が載ってます。)
山の鼻に到着したのが6:30頃・・・
テントでキャンプをしている人達はまだ寝てるようでした。
が!この寒さでテントとは・・・^0^;私なら山小屋だよ・・・^0^;
と思いながら、お腹がすいたので、おにぎりで朝ごはんです。
いつもなら、こんな時間におにぎりなんて食べたくならないのに・・・^0^;

ここは、「尾瀬植物研究見本園」という1周すると1Kmくらいの遊歩道です。
ほとんど全ての尾瀬の草花が見れるのかなァ・・・と思いながら、人が少ないので行ってみました。どうも、朝出発の日帰りバスツアーはここで戻るようです。
帰りに山の鼻に戻ったときはトイレは30分待ちの大渋滞でした^0^;
e0056370_202654.jpg

考えてみると、ここが一番キレイだったかも。。。
ほとんどの人達は、先を急いで尾瀬ヶ原を目指して行ってしまいます。
競歩じゃないんだから・・・ネぇ・・・
e0056370_2023678.jpg

この写真撮ってる時、まだ朝の7時でした・・・^0^;
この後、人がいない尾瀬っていいなァ・・・ってつくづく思わされることになります。

続く・・・

PS、
今日は、強力バブルバスでフットマッサージ+湿布です^0^;
[PR]
by ks_beluga | 2007-06-04 21:37 | フツーの旅の話